イクメン気取りの夫にイライラ

"9月に第一子の息子が誕生し、現実子育て中です。妊娠7カ月の時に転勤が決まり、急遽東京から四国で生活することになりました。
両実家共に飛行機の距離で周囲に頼る人もいない中、主人とはよく話し合い2人で乗り越えることにし、無事出産を終えました。
家に帰ってから沐浴は主人が担当してましたが、1ヶ月経ち入浴許可が出て私が風呂に入れてからは風呂に入れてくれるのは月1?2回程に減少しました。
更に息子が泣くから嫌だといい風呂を頼むと拒否、料理するから相手を頼むと愚図っても放置、スマホでゲームをして相手をしないので見兼ねて私が抱き上げると邪魔をするなと不貞腐れます。
月に1度くらい機嫌のいい週末があり、家事に洗濯、お風呂の準備にお出かけと至れり尽くせりな日があり私のお世話をしてくれ休ませてくれる日もあります。ですが、たったこの1日の事だけを棚に上げ同僚には「毎日育児で大変だ」と愚痴り、義母には「今日は家事も全部したから疲れた、きちんと子育て参加してるよ」と報告していることが発覚しました。周りからはイクメンと言われ調子に乗っていますが、子どもを1人で見ることもできない人がイクメンな訳がありません。

 

イクメンという言葉ばかりが一人歩きしてしまって、実際には奥さんのお手伝い程度しかしていないのに育児に参加してるつもりになってる方が多数いると思います。
手伝ってくれるのは嬉しいのですが、少し手伝いをしただけでイクメンアピールされるのはイライラします。

 

イクメン気取りの夫にイライラ

 

主人は仕事をし疲れているかもしれませんが、24時間子どもに付きっ切りの私をもう少し労わり手伝いではなく主体的に子育てに参加してほしいです。"

 

イクメン気取りの夫にイライラ

おおらかな気持ちで子育てがしたい

子育ての悩みはたくさんありますが、一番先に思いつくものに、自分が子どもに厳しすぎるというところがあります。子どもを厳しい目で見てしまうというのは生活すべてに関わってきてしまうので、いちいち小言を言うことが多くて困ります。よく旦那からは「まだ生まれて何年もたっていない子どもなんだから、何十年も生きてきた自分と同じように考えるのはやめたほうがいい」と言われます。しかし自分の子どもが大好きすぎて、これから先のことを考えて苦労しないように、と考えるとつい厳しくなってしまいます。自分が子どものレベルまで下がればいいとはわかっていますが、子どもに私のレベルまで上がってきてほしいと考えてしまいます。もう少しおおらかな気持ちで子どもと接することができないものかと悩んでいます。